引越し手続きの法則

引越しのスケジュールを立てる

引越しにおいては、スケジュールをきちんと立てることは、非常に大切です。
一人暮らしで、引越しもすべて一人で行うというならともかく、多くの場合は家族や同居者、そして引越し業者など、複数の人と関わりながら引越しが進行するわけですから、引越し作業をスムーズに行うためにも、スケジュールはきちんと立てておきたいものです。

引越しのスケジュールを立てる上で重要なのは、まず、ムリのない、余裕を持たせたスケジュールを組むこと。特に荷造りに関しては、引越し直前に急いで行うようなことがあると、荷物の紛失(特に小さなもの)につながります。可能であれば、荷づくりのチェックリストを作るくらいの時間を確保しておきたいものですね。

引越しのスケジュール

引越しは、単に家から家へ荷物を移動するだけではありません。
物件の手配、転居先での居住に必要な諸々の手続き、引越し業者の手配、それまで住んでいた場所をたたむための手続き、荷造り等々......引越しをスムーズにすすめるためには、きちんとしたスケジュールを立てる必要があります。

引越しは、転居先が決まってから実際に転居するまで、少なくとも2週間は欲しいところです。
そして、引越しに割くことができる日数の中で、綿密なスケジュールを立てます。

引越しを一から十まですべて自分だけの力で行うのは至難の業です。
大概の場合は、家族・業者・知人・友人・親戚などの手を借りることになるでしょう。

引越しのスケジュールは、単に引越し作業の能率化だけのためではありません。
しっかりしたスケジュールは、皆が気持ちよく作業をする手助けとなります。

引越しの見積もりと相場
少しでも引越しの費用を抑えるために見積もりの相場について調べてみました。引越しの準備リストやお役立ちコンテンツなども紹介しています。